法的トラブルに巻き込まれることは珍しくない!

実はかなりの数の訴訟が起きている!

裁判所の統計では、日本で一年間あたり350万件~360万件程度裁判が新しく起きています。一日あたり大雑把に言うと1万件弱になるので、訴訟に自分や自分の家族が巻き込まれる確率は低くはないことが分かります。訴訟になった自分は関係が無いと言うことでは済みません。裁判所から判決が出されてしまうと、例え事実と異なるものでも従う義務が生れてしまいます。

民事事件においては呼出状というのがきますが、これを無視すると相手方の主張が認められ場合によっては数千万円以上の支払いが命じられることがあります。給料を差し押さえられたり家を差し押さえられたりされます。刑事事件の場合は逮捕されて、学校に行けなくなったり仕事に行けなくなったりします。学校を退学したり仕事を退職したりする事態に追い込まれることもあります。

訴訟に巻き込まれても安心できる方法がある!

訴訟になった際に必要な、着手金や報酬金などを補償してくれる弁護士保険に加入することです。単体で加入することができ、費用の方は月あたり数千円で済みます。缶コーヒを控えて水筒を持参したり弁当を買わずに持参したりするだけで、まかなえる金額になります。対象となるのは、職場・金銭・男女間のなどの一般事件に加えて、自動車事故・スポーツ事故・火災爆発事故などの偶発事故もカバーしています。

サービスの方も、お悩み相談にのってくれたり不要なトラブルから守ってくれるステッカーをくれたりしてくれます。訴訟に巻き込まれた場合は、心身ともに疲弊してその後の人生に大きな影響が出てしまうことがあります。仮に、影響が出たとしてその影響を最小減にしてくれるのが弁護士保険です。

弁護士保険は一般人でも気軽に入る事が出来ます。ネットで手続きが出来るので、場所や時間も選ばないのが特徴です。