ファクタリングを駆使して、事業資金を効率的に手に入れよう!

事業資金の調達法には、どんなものがあるの?

独立して事業を起こしたい、立ち上げたばかりの事業を軌道に乗せたい、そんな場面で役に立つ事業資金調達方法には色々な方法があります。地方自治体などから出る創業補助金や、信用金庫からの融資、あるいはベンチャーキャピタルという投資ファンドに売り込み投資してもらうという手段もあります。そんな中で、既に事業を立ち上げている企業などに向いている方法・ファクタリングがあります。ファクタリングは簡単に言うと売上を担保に資金を得る方法で、先述の資金調達法とは違う特徴があります。

詳しく知りたいファクタリングのことを説明します!

ファクタリングとは、売掛債権を入金前に譲渡し、それを資金化する方法です。売掛債権とは、商品やサービスを提供した際に発生する代金請求をする権利の事で、これを担保にしてファクタリング会社などから資金を調達する方法の事です。この方法は経済産業省が主に中小・零細企業などに周知活動を行っている方法でもあり、現在注目を集めている手法でもあります。

ファクタリングの特徴を知っておこう!

ファクタリングの最大の特徴は、まとまった資金が短期間で手に入るという点です。商品などの提供で得られる売掛金は、入金までに1・2か月ほどかかるのが一般的です。それを待っていると資金繰りが苦しくなる、という企業などにとって、資金が最短即日で手に入るという事は非常に重要な点になります。その他、審査が通りやすいという事もファクタリングのメリットです。ただ、ファクタリングは銀行金利などに比べ手数料が高めに設定されている事、金額によっては債権譲渡登記を求められる可能性があるという点に注意しておきましょう。

ファクタリングは売掛の債権を業者に買い取ってもらい、現金化する行為です。額面より安くなる他、現金化が完了するまでの手続きに時間を要するので、金額や所要時間を考慮して業者を選ぶことが重要になります。