どんな子に塾に行かせる?塾のメリットを知っておこう!!

行きたい高校があるなら塾に通わせる

高校は義務教育ではなく、行くかどうかは自分で決めるか親などと相談をして決めます。世間的には高校は卒業しておいた方がいいと考える人が多く、高校の数もそれなりにあります。学力が無くても行ける高校もあり、高校に行くだけなら塾に行って勉強する必要はないかもしれません。ただ高校は公立中学とはかなり違います。それぞれの高校にレベルがあり、授業の進められ方が異なります。優秀な高校なら将来の進学もしやすくなります。もし今の自分の学力より高い高校に行きたいなら、塾に行って勉強した方がいいかもしれません。高校は受験で合格しないとその学校には行けません。塾にはライバルも多くいるので、勉強に取り組みやすくなるでしょう。

分かると面白いを分からせる

小学校までは定期テストなどがなく、学校での勉強も和やかに受けられます。しかし中学では定期テストがあり、真剣に勉強に取り組む生徒も多くなります。自発的に勉強の必要性が分かっていれば良いですが、分からないままだとただ授業を聞くだけになります。分からないところも出てくるかもしれません。勉強の必要性や楽しさは、勉強が分かってくるとより高まってきます。自発的に勉強せずに中学生活を送っているなら、塾に通わせてみると良いでしょう。学校で分からなかったところを塾で勉強し直せ、わかる部分を増やせるようになります。分かるようになると楽しくなり、自分から勉強しようとの気持ちも高まってくるでしょう。高校受験にもいい影響を与えてくれます。

学習塾は集団で授業をうけるタイプやマンツーマンで授業をうけるタイプがあり、マンツーマンの方が授業料が高い傾向にあります。