これだけは知っておきたい!デジタルイラストのデータ種類についての基礎知識

デジタルイラストの「データ形式」とは?

デジタルイラストの制作環境が普及するにつれて、最近ではプロのイラストレーターでもデジタルでイラストを制作する人が増えてきています。デジタルイラストにはアナログにない大きな特徴がいくつかありますが、その一つがイラストの「データ形式」。今回はデジタルイラストを制作する上で絶対に欠かすことのできない「データ形式」の種類についてご紹介してみます。

イラストのデジタルデータは基本的に2種類

まず知っておきたい基礎知識として、デジタルイラストのデータ形式には大きく分けて「ラスターデータ」と「ベクターデータ」の2種類があるという点。ラスターデータとは「ピクセル(pixel)」という小さな点の集合で表されたデータで、写真やネットの画像の多くはこのデータで表現されています。代表的なデータ形式には、JPG、PNG、PSDといった形式があります。これに対して「ベクターデータ」は、「グラフ」を描くときの要領で座標を指定して線でつなげたデータのことをいいます。ベクターデータは座標をもとにコンピュータが線を表示するため、拡大・縮小をしても線がギザギザになったり画像が荒れたりすることが無いというのが大きなメリット!印刷などにはベクターデータしか受け付けてもらえない場合もあるので、注意してくださいね。ベクターデータの代表的な形式には、AI、SVG、EPSなどの形式があります。

ラスターとベクター、あなたはどちらを選ぶ?

一般的にはラスターデータは微妙な濃淡などの絵画的な表現をするのに向いたデータ形式、ベクターデータは線や色のはっきりしたイラストを描くのに向いたデータ形式といえるでしょう。それぞれのデータ形式の長所・短所を知って、ぜひ素敵なイラストを作ってくださいね!

イラスト講座は創作意欲をかき立てる、さまざまな教材がついてきます。例えば、テキストや画材などがあります。