どんな仕組みになっているの?決済代行の特徴を調べてみよう

決済代行を使うメリットとは

さまざまな決済をシステムで一括管理し、代わりに支払い手続きを行ってくれるのが決済代行です。複数のクレジットカード会社とのやり取りも個別に対応してくれます。複数の決済方法に対応する手間や費用を抑えられるのも大きなメリットです。事務手続きや審査を受ける時間も少なくなり、本業に専念できるようになります。

セキュリティへの対応も万全

決済代行会社はセキュリティへの対応も万全で、情報漏えいのリスクを抱えることはありません。カード情報の非保持化や不正アクセス防止など、ネット決済におけるさまざまなリスクに備える体制が整っています。国際セキュリティ基準のクリアはもちろん、システムは優れた耐障害性を持ち多重対策もされているので安心です。

サービスの範囲が幅広い

決済代行サービスは会社によって利用できる決済方法が異なります。電子マネーや携帯決済など、ユーザーに便利な環境も整えやすいのが特徴です。オンラインショップのポイントサービスや課金機能に対応している会社もあります。

モジュール組込タイプとリンクタイプから選べる

決済代行サービスの導入方法は、モジュール組込タイプとリンクタイプの2種類から選べます。モジュール組込タイプは決済画面のデザインを自由に設定できるのが特徴です。サイトのオリジナリティを高めたい方に向いています。リンクタイプは自由度が少ない分、コストを低く抑えられるのが特徴です。決済画面にはこだわらず、サイト展開へ力を入れていきたい方に向いています。自社の環境に合う決済代行サービスを探してみて下さい。

決済代行会社は、クレジットカード決済の導入時の審査をまとめて行ってくれる、複数の決済システムや入金を一本化してくれるといったメリットがあります。