通常の通貨との違いはどこ?残高管理は誰がしているの?

ネット上での決済手段として広まる

スーパーなどで買い物をするとき、現金やクレジットカードなどを使うでしょう。ではネットショッピングはどうかですが、現金を使うには振込が必要です。クレジットカードが使えるところがありますが、カードを持っていなければ使えません。インターネットで利用しやすい決済方法が求められていて、その中で登場したのが仮想通貨と言えるでしょう。仮想通貨の中でもビットコインが最も流通していて、使える店なども多くなっています。ビットコインは知名度が高いため、相場の情報が得やすいメリットがあります。仮想通貨はネット上での決済手段として広まりながら、一部の商店などでは現金の支払いの代わりに使えるところもありますが、ビットコインが使えるお店が多くなっています。

特定の機関が残高管理をしていない

お金の持ち方として、銀行に預けたり電子マネーに交換したりがあります。銀行に預けるとその銀行が残高管理をしてくれます。電子マネーも同様に仕組みの提供者が管理をしてくれます。自分で管理する必要はありません。仮想通貨が広まり、現金から交換して支払いに使ったり投資に使う人もいるようです。では仮想通貨のビットコインはどこで管理されているかですが、特定の機関が管理をしているわけではありません。残高は個々で管理する仕組みになっています。それなら勝手に増やしたり減らしたりできそうですが、取引に関してはブロックチェーンと呼ばれる仕組みが取られています。ビットコインは他の仮想通貨に比べて歴史や実績が長くトラブルも起きていません。特定の期間が管理をしていなくてもきちんと運営されています。

最近注目が集まっている仮想通貨ですが、ビットコインの比較は証券会社のホームページや金融関連の専門サイトを見るのがおすすめです。