自動車保険に加入する?加入のメリットとデメリットを考えよう

自動車保険に加入するデメリットは一つだけ

自動車保険に加入するときにデメリットがあるのかというのは疑問に思う人がしばしばいます。営業マンやディーラーなどと話をしていても、加入しておいた方が良いという話しかないのが通常だからです。自動車保険は任意加入なので入らなくても全く問題はありません。デメリットとなるのは加入のために保険料を払わなければならないことだけです。手厚い内容にするほど高くなり、年間で10万円程度も払っている人もいます。内容を厳選して絞り込んでいくと1万円台でも加入できる場合があります。今までの事故歴や車種などによっても大きく異なりますが、基本的にはお金を少し用意できるなら加入してメリットを享受した方がいいものだと考えるようにしましょう。

メリットとの兼ね合いを考えて申し込もう

自動車保険のメリットは事故などの際に保険金が下りることです。その保証範囲の違いや、下りてくる保険金の金額が保険料に直接響いています。そのため、唯一のデメリットである保険料を払わなければならないことと、困ったときに保険金が下りてくるメリットを天秤にかけて申し込むことが大切です。対人や対物の保証は手厚くしておいた方が無難と考える人が多いですが、車両補償については一概に言うことができません。車両補償は実は保険料の中でも大きな比重を占めていて、メリットとデメリットを天秤にかけたときに判断が分かれる部分なのです。特に高い車のときにはメリットが大きいですが、安い車の場合にはメリットが小さいので入らない人も多くなっています。

自動車保険の加入方法は自動車の購入先のお店で加入するケースとネットで自分で加入する方法があります。また車両保険に入るかどうかで保証と金額に大きな差が出てきます。