騙されないで!ビットコイン取引所選びのポイント!

金融庁に登録されている

ビットコインを運用する時に欠かせないのが取引所選びです。数ある取引所の中から比較検討して選択するのはなかなか難しいですよね。そんな時に参考にしていただきたいポイントをいくつか紹介します。

一つ目は金融庁に登録されているかどうかです。ビットコインは国が発行していない通貨です。一般的には取引所を通じてビットコインを運用するので、使う取引所はしっかり吟味しないといけません。選ぶ際のポイントの一つとして金融庁に登録されている取引所かどうかの確認が必要です。

取引所の中には悪意のある取引所や詐欺まがいの取引所があります。もちろんセキュリティレベルが甘い取引所もあります。金融庁に登録されている取引所であれば、国の認可が下りているということで悪質な取引所ではないことが証明されます。

ビットコインをコールドウォレットに保管している

コールドウォレットとはオフラインの金庫です。この反対にホッとウォレットとはオンラインの金庫です。

2018年にNEM消失事件が発生しました。この事件は2014年のマウントゴックス事件を超え、最大規模の被害額になりました。

当時、NEMをホットウォレットに保管していました。これが不正送金の要因とされています。

ホットウォレットはネットに繋がっているので、ウイルスやハッキングによる不正アクセスの被害にあう可能性が高いです。

しかし、コールドウォレットはネットに繋がっていないので、外部からの不正アクセスにあう危険は下がります。

セキュリティ面でいえばコールドウォレットを採用している取引所は安心と言えます。さらにコインを取り出す際、複数人の署名が必要なマルチシグや2段階認証も採用しているとなお安心です。

ビットコイン取引所の比較は色々なポイントがあります。ビットコインの取引方法やレバレッジのかけ方など比較しなければならない点は様々ですが、自分に合った取引所で取引をすることが大切です。