個人型確定拠出年金とは何か?メリットや注意点は?

個人型確定拠出年金とは?

個人型確定拠出年金とは銀行や証券会社などの金融機関が提供しているサービスで、個人で加入して毎月いくらかの金額を支払うことにより、その運用結果を60歳以降に年金として受け取るものです。「iDeCo(イデコ)」とも呼ばれます。以前は自営業者や企業年金のないサラリーマンのための年金制度として機能していましたが、近年の公的年金制度に対する不安感やお金に対する関心の高まりがあり、現在では20歳以上の全ての人が加入することができるようになっています。

個人型確定拠出年金のメリット

個人型確定拠出年金のメリットとして節税効果があり、その効果の高さが大きな注目を集めています。具体的には、まず月々の掛け金が全額所得控除できます。年末調整や確定申告で調整が可能です。この全額所得控除になるというのは他の生命保険料控除などよりも節税効果がかなり高くなります。もう一つの節税効果は、運用利益も非課税になるということです。しかも、60歳までその非課税が続きます。同じように運用益が非課税になるものに「NISA(小額投資非課税制度)」がありますが、こちらは5年間だけですので、いかに個人型確定拠出年金が税制上優遇されているかが分かるかと思います。

注意点も踏まえつつ、よく考えて決めよう

これまでは個人型確定拠出年金のメリットについて述べましたが、気を付けたい点もあります。それは、個人型確定拠出年金は年金といえどもやはり投資であるということです。投資ですから運用が上手く行かないこともありますし、個人型確定拠出年金ならではの注意点もあります(60歳までは途中で解約は出来ません)。そういった注意点も踏まえつつ、運用をお任せする金融機関についても自分で良く考えて選ぶことが大切です。

個人型確定拠出年金は将来に向けて積み立てを行う事が出来るその名の通り、個人型の確定拠出年金制度です。加入から掛け金、申し込む商品まで自身で選ぶ事が出来ます。